検索結果 62 件のうち 1 – 30 件

星月夜 The Starry Night(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

世界で最も有名な絵画のうちの一つ。療養院であったサン・ポール・ド・モーゾール修道院にて描かれました。ゴッホは作品のインスピレーションについて、画商の弟テオに宛てた手紙の中で「療養院の窓から街の風景を眺めていたある夜明け前、星たちがいつもよりとても大きく見えたんだ」と語っています。

ファンゴッホの寝室 The Bedroom(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

南フランスのアルルで暮らした通称「黄色い家」の寝室を描いた作品です。青い壁と黄色のベッドの激しいコントラストは経年の褪色によってできた色合いで、元々壁は紫に近い色、全体としてはより落ち着いた印象であったことが研究によって明らかになっています。また変わった遠近感のある絵ですが、実際にこのような台形の部屋で、決してゴッホが失敗した訳ではないことも分かっています。

夜のカフェ Le café de nuit(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

アルルの「黄色い家」と同じラマルチーヌ広場にあった「カフェ・ド・ラ・ガール」を描いた作品。弟のテオに宛てた手紙の中でゴッホは「(最も対立した色合いの)赤と緑で、人間の恐ろしいまでの情念を描こうとしたんだ。」と語っており、さらに「自分の描いた作品で最も醜い」とも評しています。

ひまわり Sunflowers(1887) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1887年の夏の終わり、パリに滞在していた時に描かれたひまわりの静物画です。ゴッホといえば1888年と1889年に描かれた花瓶に生けられたひまわりの7つの作品が最も有名ですが、花だけを描いた静物画も計4作品描いています。

ローヌ川の星月夜 Starry Night Over the Rhone(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホが南フランスのアルルで借りていた通称「黄色い家」からほど近い、ローヌ川の夜の星空を描いた作品。晩年に描かれた作品では珍しく穏やかな印象があり、精神病院に入院した後に描かれた「星月夜」よりも落ち着いた、美しい夜の景色が描かれています。

花咲くアーモンドの木の枝 Almond blossom(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

弟テオとその妻ヨーの間に息子が誕生したことを祝福して、弟テオにプレゼントした作品。春の初めに咲くことから、アーモンドは「新たな命」の象徴とされています。テオとヨーは息子に「フィンセント」(兄のファーストネーム)の名を授け、兄に宛てた手紙でテオは「あなたのように決意を持ち、勇敢な子に育つことを願って名付けました」と綴っています。

黄色い空と輝く太陽のオリーブ林 Olive Trees(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院にいた頃に描かれた作品。秋のオリーブ園の風景を描いています。ゴッホは1889年の6月から12月の半年間で、実に15のオリーブの木を題材にした作品を残しています。オリーブ畑は糸杉やアーモンドの木、ひまわりなどと同様に、ゴッホのお気に入りの題材のうちの一つでした。

オーヴェルの教会 The Church at Auvers(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランスのパリから北西に30キロほど離れたオーヴェル=シュル=オワーズの教会を描いた作品。プロヴァンスの療養院を出た後、ゴッホは亡くなるまでの最後の時間をこの地の農村で過ごしました。

チャリングクロス橋、ロンドン Charing Cross Bridge, London (1901) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

イギリス、ロンドンのテムズ川にかかるチャリング・クロス橋と、霧の効果を描いた作品。1899年から三度に渡るロンドンへの取材旅行で、約100点ものテムズ川の風景を描きました。陽光と霧の織り成す幻想的な光の効果が見事に表現されています。

チャリング・クロス橋 Charing Cross Bridge (1903) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

テムズ川にかかるチャリング・クロス橋と駆け抜ける列車を中心として、水面に反射する光と辺りを覆う霧の効果を描いた作品。1899年から1901年の間にロンドンに三度滞在し、そこで取材したチャリング・クロス橋、ウォータールー橋、国会議事堂をテーマとした作品を実に100近く描きました。彼はロンドンについてこう書き綴っています。「私はロンドンの、そのすばらしい霧が大好きなのです。」

日本の歩道橋 The Japanese Footbridge (1920 - 1922) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1922年頃に描かれた作品。晩年は白内障により色彩感覚が衰えたモネでしたが、命を燃やすようにジヴェルニーを描き続けました。この絵の上部には、モネのお気に入りであった藤の花がいっぱいに描かれています。支援者であり、友人でもある画商のデュラン・リュエルに宛てられた手紙にはこう綴られています。「私は力の限り仕事をしています。目が見えなくなる前に全てを描き尽くしてしまいたいのです。」

日本の歩道橋 The Japanese Footbridge (1920 - 1922) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1922年頃に描かれた作品。晩年は白内障により色彩感覚が衰えたモネでしたが、命を燃やすようにジヴェルニーを描き続けました。支援者であり、友人でもある画商のデュラン・リュエルに宛てられた手紙にはこう綴られています。「私は力の限り仕事をしています。目が見えなくなる前に全てを描き尽くしてしまいたいのです。」

未知の男の肖像 Portret van een onbekende man (1927) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Portret van een onbekende man, Samuel Jessurun de Mesquita (1927)

うつむく女 Portrait of an unknown woman (1913) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Portrait of an unknown woman (1913)

髭のある眼鏡をかけた自画像 Self–portrait with glasses and goatee (1930) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Self–portrait with glasses and goatee (1930)

Omega’s Eyes (1908 - 1909 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

Omega’s Eyes (1908 - 1909 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

Omega’s Eyes (1908 - 1909 )

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Scream (1895)

病める子 Ⅰ The Sick Child I (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Sick Child I (1896)

髭の老人の頭部 Head of an Old Man with Beard (1902) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Head of an Old Man with Beard (1902)

吸血鬼 Ⅱ The Vampire II (1895 - 1902 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Vampire II (1895 - 1902 )

自画像 Self-Portrait (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

自画像 Self-Portrait (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Self-Portrait (1895)

The Bite (1914) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Bite (1914) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Bite (1914)

絶望 Despair (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

絶望 Despair (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Despair (1894)

浜辺にいる二人の女 Two Women on the Shore II (1933 - 1935 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Two Women on the Shore II (1933 - 1935 )

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Scream (1895)

Akt på sengen (1919-1924 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Akt på sengen (1919-1924 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Akt på sengen (1919-1924 )

絶望 Despair (1892) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

絶望 Despair (1892) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Despair (1892)

魅惑 Attraction I (1995) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

魅惑 Attraction I (1995) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Attraction I (1995)

病める子 Ⅰ The Sick Child I - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

病める子 Ⅰ The Sick Child I - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Sick Child

メーダ・プリマヴェージ Mäda Primavesi (1912 - 1913) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Mäda Primavesi (1912 - 1913)