検索結果 44 件のうち 1 – 30 件

糸杉のある麦畑 Wheat Field with Cypresses(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホがサン=レミの療養院にいた頃に、南仏プロヴァンスの田園風景を描いた連作のうちの一つ。彼は糸杉のある麦畑の風景を心底気に入っていたようで、弟のテオに「僕は糸杉のことで頭がいっぱいだ。ヒマワリの絵のように、様々描いてみたいと思っている。驚くべきことに、まだ誰も僕が見ているように描いている人がいないんだ。」と綴っています。

夜のカフェ Le café de nuit(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

アルルの「黄色い家」と同じラマルチーヌ広場にあった「カフェ・ド・ラ・ガール」を描いた作品。弟のテオに宛てた手紙の中でゴッホは「(最も対立した色合いの)赤と緑で、人間の恐ろしいまでの情念を描こうとしたんだ。」と語っており、さらに「自分の描いた作品で最も醜い」とも評しています。

糸杉 Cypresses(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

糸杉 Cypresses(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院にいた頃に描かれた「糸杉」の連作の内の一つ。ゴッホは糸杉について「線とプロポーションに関して言えば、まるでエジプトのオベリスクのように美しい」と評しており、とても気に入っていました。

ひまわり Sunflowers(1887) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1887年の夏の終わり、パリに滞在していた時に描かれたひまわりの静物画です。ゴッホといえば1888年と1889年に描かれた花瓶に生けられたひまわりの7つの作品が最も有名ですが、花だけを描いた静物画も計4作品描いています。

ローヌ川の星月夜 Starry Night Over the Rhone(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホが南フランスのアルルで借りていた通称「黄色い家」からほど近い、ローヌ川の夜の星空を描いた作品。晩年に描かれた作品では珍しく穏やかな印象があり、精神病院に入院した後に描かれた「星月夜」よりも落ち着いた、美しい夜の景色が描かれています。

黄色い家 The Yellow House(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

南フランスのアルルにある「黄色い家」を描いた作品。ゴッホはここで芸術家の集まるコミュニティを作ろうと夢見ていましたが、なかなか一緒に住んでくれる仲間を見つけることはできませんでした。ゴッホと共にポスト印象派を代表する画家となるポール・ゴーギャンが、5ヶ月後にようやく共同生活をしてくれることとなったものの、程なくしてゴッホが自らの耳を切り落とすという事件が発生し、その生活もたったの9週間で終わりを迎えることとなりました。

黄色い空と輝く太陽のオリーブ林 Olive Trees(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院にいた頃に描かれた作品。秋のオリーブ園の風景を描いています。ゴッホは1889年の6月から12月の半年間で、実に15のオリーブの木を題材にした作品を残しています。オリーブ畑は糸杉やアーモンドの木、ひまわりなどと同様に、ゴッホのお気に入りの題材のうちの一つでした。

糸杉と星の見える道 Road with Cypress and Star(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランスのサン=レミ=ド=プロヴァンスにいた頃に描かれた最後の作品。作品を描き終えた後にゴーギャンに送った手紙では、ゴーギャン作「オリーブ山のキリスト」と同様に「苦悩と不屈」をテーマに描いたことを語っています。一見すると美しい情景ですが、欧米では糸杉は死の象徴とされており、彼自身が自分の死が近いことを感じとっていたのかもしれません。

3本のひまわり Vase with Three Sunflowers(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは最初に描かれた記念すべき一作目。「黄色い家」の作業部屋を明るく飾り立てるために6つの異なったひまわりの作品を描く構想でしたが、結局4つしか描くことができず、後の3つはオリジナルの模写です。

12本のひまわり Vase with Twelve Sunflowers(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは3つ目の作品。2つ目は日本の実業家が保有していましたが、第二次世界大戦時の空襲で消失してしまいました。「黄色い家」の作業部屋を明るく飾り立てるために6つの異なったひまわりの作品を描く構想でしたが、結局4つしか描くことができず、後の3つはオリジナルの模写です。

ひまわり Sunflowers(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは4つ目の作品。共同生活をしていた画家のゴーギャンはこの作品をゴッホの最高傑作と評し、この作品を描くゴッホの肖像画を残しています。

12本のひまわり Vase with Twelve Sunflowers(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは3つ目に描いた作品の模写。耳切り事件を起こして入院した後、黄色い家に戻ってから描かれました。

夜のカフェテラス Café Terrace at Night(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの作品の中で最も著名な作品の一つ。アルルのプラス・デュ・フォルム広場に面しているカフェの、夜の情景を描いています。アルルにいた頃の夜の景色を描いた作品の中では最初期の作品であり、この作品を境に数々の夜の星空を描いた名作が誕生しています。題材として用いられた場所は、現在では「カフェ・ファン・ゴッホ」の名で、人気の観光スポットになっています。

プロヴァンスの農家 Farmhouse in Provence(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

南フランスのアルルへ移り住んだ1888年に描かれた作品。温暖で乾燥した南仏プロヴァンスの景色を見事に表現した作品です。パリでの生活に疲弊したゴッホは、フランスで憧れの日本に最も似ている(と考えていた)南仏アルルに移り住みました。たったの444日で約200を超える絵画と100を超える素描画を残しました。今日、ゴッホの絵として有名な作品は主にこの頃に描かれた作品です。

オレンジ、レモン、青い手袋のある静物 Still Life of Oranges and Lemons with Blue Glove(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

この静物画は、ゴッホが南仏アルルの「黄色い家」で起こした耳切り事件の後に収容された、アルル市立病院を退院後すぐに描かれた作品。代表作のひまわりなどと同様に、コントラストを強調させた強烈な色使いが特徴的な静物画です。

エルサレム・アーティチョークの花 Jerusalem Artichoke Flowers (1880) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

戸外での制作が多かったモネが描いた、数少ない室内の花の絵のうちの一枚。1879年の夏の終わりに妻カミーユを失ったモネは、その秋戸外では仕事をせず、花や果物を描いて過ごしました。エルサレム・アーティチョークは日本語で菊芋のこと。小さくてかわいらしい黄色い花を咲かせます。

ひまわり Bouquet of Sunflowers (1881) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

ひまわり Bouquet of Sunflowers (1881) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

第7回印象派展に出展された作品。日本の陶磁器に生けられたひまわりが、モネらしい大胆で活気のある筆致で描かれています。ひまわりと言えば1888年に描かれたゴッホの作品が有名ですが、彼が弟のテオに宛てた手紙の中でこのモネの作品について、以下のように触れた文章が残っています。「ゴーギャンは彼が以前観たクロード・モネの素晴らしいひまわりの作品より僕の描いた作品の方がいいって言ったんだけど、僕はそうは思わないよ。」

チャリングクロス橋、ロンドン Charing Cross Bridge, London (1901) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

イギリス、ロンドンのテムズ川にかかるチャリング・クロス橋と、霧の効果を描いた作品。1899年から三度に渡るロンドンへの取材旅行で、約100点ものテムズ川の風景を描きました。陽光と霧の織り成す幻想的な光の効果が見事に表現されています。

日本の歩道橋 The Japanese Footbridge (1920 - 1922) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1922年頃に描かれた作品。晩年は白内障により色彩感覚が衰えたモネでしたが、命を燃やすようにジヴェルニーを描き続けました。この絵の上部には、モネのお気に入りであった藤の花がいっぱいに描かれています。支援者であり、友人でもある画商のデュラン・リュエルに宛てられた手紙にはこう綴られています。「私は力の限り仕事をしています。目が見えなくなる前に全てを描き尽くしてしまいたいのです。」

女性の頭部 Female head (1932-1942 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Female head (1932-1942 )

フリードリヒ・ニーチェ Friedrich Nietzsche (1906) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Friedrich Nietzsche (1906)

抱擁 Fulfillment (1910 - 1911) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

抱擁 Fulfillment (1910 - 1911) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Fulfillment (1910 - 1911)

希望 Ⅱ Hope II (1907 - 1908) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

希望 Ⅱ Hope II (1907 - 1908) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Hope II (1907 - 1908)

接吻 The Kiss (1907 - 1908) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

接吻 The Kiss (1907 - 1908) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Kiss (1907 - 1908)

アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 Ⅰ Portrait of Adele Bloch-Bauer I (1907) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Portrait of Adele Bloch-Bauer I (1907)

ダナエ Danae (1907 - 1908) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ダナエ Danae (1907 - 1908) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Danae (1907 - 1908)

ギターを弾く女 The Guitar Player (1670 - 1672) - ヨハネス・フェルメール

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

The Guitar Player (1670 - 1672)

ヴァージナルの前に座る若い女 A young Woman seated at the Virginals (1670 - 1672) - ヨハネス・フェルメール

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

A young Woman seated at the Virginals (1670 - 1672)

婦人と召使(女主人と女中) Mistress and Maid (1666 - 1667) - ヨハネス・フェルメール

¥4,180 ~ ¥9,680 ¥4,180 ~ ¥9,680

Mistress and Maid (1666 - 1667)

真珠の首飾りの少女 Young Woman with a Pearl Necklace (1663 - 1665) - ヨハネス・フェルメール

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

Young Woman with a Pearl Necklace (1663 - 1665)