検索結果 59 件のうち 1 – 30 件

緑の麦畑 Green Wheat Fields, Auvers(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホ終焉の地、パリの北西にあるオーヴェル=シュル=オワーズにて描かれた作品。初夏の青々とした小麦畑が描かれています。空と新緑、小道以外に何の芸術的モチーフも存在しない、純真な自然のみを描いた美しい作品です。

印象・日の出 Impression, Sunrise (1872) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

印象・日の出 Impression, Sunrise (1872) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

「印象派」の名前の由来となった有名な作品。モネの生まれ故郷であるフランス北西部の都市、ル・アーヴルの港の風景が描かれています。画家の登竜門であった政府主催の美術展覧会「サロン」の保守的な審査姿勢に不満を募らせた若手の気鋭画家たちが立ち上げたグループ展(印象派展)の第一回に出展された作品で、この印象派の出現により西欧絵画の歴史が大きく転換したと言っても過言ではありません。

散歩、日傘をさす女 Woman with a Parasol, Madame Monet and Her Son (1875) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネ一家がフランス、パリにほど近いアルジャントゥイユに住んでいた頃の1875年に描かれた作品。逆光で生み出される光の陰影の効果が、独特の臨場感を演出しています。この頃モネは妻のカミーユと、息子ジャンをモデルにして、風景の中の人物を描くことに専念していました。着物を着た妻、カミーユを描いた「ラ・ジャポネーズ」と共に1876年の第二回印象派展に出展されました。

サン=ラザール駅、ノルマンディーからの列車 Arrival of the Normandy Train, Gare Saint-Lazare (1877) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランス、パリのサン=ラザール駅を描いた作品。サン=ラザール駅はロンドンのクリスタル・パレスに代表されるガラスと鉄骨で織りなす建築の先駆けであり、そして工業化されていく社会の象徴でもありました。モネはこの年、サン=ラザール駅とその周辺をテーマに多くの作品を描き、そのうちの8点をその年に開かれた「第三回印象派展」に出展しています。

アンティーブの庭師の家 Gardener's House at Antibes (1888) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランス南部の地中海、コート・ダジュールに面した都市であるアンティーブで描かれた作品。モネは1888年の4月から5月にかけて、芸術家の溜まり場となっていた宿場に滞在し、ここで30点ほどの作品を描きました。6月にはこの地で描いた10点の作品を、画商であったゴッホの弟テオに売り、それらの作品が展示された「アンティーブの海の風景」展はフランスで評判だったそうです。

朝もや Morning Haze (1888) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

朝もや Morning Haze (1888) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの自宅のあるジヴェルニーからほど近い、ひなげし畑の朝の風景を描いたと思われる作品。1890年には同じひなげしの野をモチーフにした作品を「連作」の手法で描いています。朝靄の幻想的な効果を見事に表現した作品です。

積みわら、雪の効果、曇り日 Stack of Wheat, Snow Effect, Overcast Day (1890 - 1891) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの最初の連作「積みわら」のうちの一枚。寒々とした冬のジヴェルニーが描かれています。モネは1889年から1890年にかけて、ジヴェルニーの自宅周辺にあった積みわらを描くことに注力しました。同じ対象物を異なった時間・季節に描くことで、移ろい変化する光・大気・天候の効果を表現しようと試みたのが「積みわら」の連作で、20~30点以上を描いています。

積みわら Haystacks (1890 - 1891) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

積みわら Haystacks (1890 - 1891) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの連作の一つ「積みわら」のうちの一枚。冬の荒涼としたジュヴェルニーの情景と積みわらが描かれています。モネは1890年から、ジヴェルニーの自宅周辺にあった積みわらを描き始めました。同じ対象物を異なった時間・季節に描くことで、移ろい変化する光・大気・天候の効果を表現しようと試みたのが「積みわら」の連作で、商業的にも大きな成功を収めています。

ヴァーノンのネトルズ島 Île aux Orties near Vernon (1897) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの自宅があったジヴェルニーからほど近い、エプト川とセーヌ川が合流する地点の茂みを描いた作品。モネは1896年ごろから夏には太陽が昇る前に自宅を出て、セーヌ川支流の朝霧の効果を描くことを日課としていました。この時に描かれた連作「セーヌ河の朝」は1898年の個展に出品され、成功を収めています。

ウォータールー橋、ロンドン、夕暮れ Waterloo Bridge, London, at Sunset (1901) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1899年から1901年にかけて、モネはロンドンに3度の取材旅行へ出かけ、テムズ川の霧の効果を描くことに取り組みました。こちらは夕暮れ時のウォータール橋を描いた作品。1904年には「テムズ川の眺めの連作」と題しデュラン・リュエル画廊に37点の作品が展示されました。

チャリングクロス橋、ロンドン Charing Cross Bridge, London (1901) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

イギリス、ロンドンのテムズ川にかかるチャリング・クロス橋と、霧の効果を描いた作品。1899年から三度に渡るロンドンへの取材旅行で、約100点ものテムズ川の風景を描きました。陽光と霧の織り成す幻想的な光の効果が見事に表現されています。

チャリング・クロス橋 Charing Cross Bridge (1903) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

テムズ川にかかるチャリング・クロス橋と駆け抜ける列車を中心として、水面に反射する光と辺りを覆う霧の効果を描いた作品。1899年から1901年の間にロンドンに三度滞在し、そこで取材したチャリング・クロス橋、ウォータールー橋、国会議事堂をテーマとした作品を実に100近く描きました。彼はロンドンについてこう書き綴っています。「私はロンドンの、そのすばらしい霧が大好きなのです。」

パラッツォ・ダ・ムーラ、ヴェニス Palazzo da Mula, Venice (1908) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

水の都、イタリア・ベネチアの運河に面する特徴的な建物を描いた作品。70歳が近づきつつあったモネは、1908年の10月から12月にかけて妻のアリスと共にイタリアのヴェネツィアへ最後の大旅行を敢行し、「ヴェネツィアの眺め」と題した29枚の作品を残しました。

ウォーターバック Waterbuck (1921) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ウォーターバック Waterbuck (1921)

憂鬱 Ⅲ Melancholy III (1902) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

憂鬱 Ⅲ Melancholy III (1902) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

Melancholy III (1902)

Boys Bathing (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Boys Bathing (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Boys Bathing (1896)

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Scream (1895)

浜辺にいる若い少女 Young Woman on the Beach (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Young Woman on the Beach (1896)

病める子 Ⅰ The Sick Child I (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Sick Child I (1896)

マドンナ Madonna (1895 - 1896 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

マドンナ Madonna (1895 - 1896 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Madonna (1895 - 1896 )

魅惑 Attraction I (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

魅惑 Attraction I (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Attraction I (1896)

自画像 Self-Portrait (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

自画像 Self-Portrait (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Self-Portrait (1895)

二人、孤独な人たち Two Human Beings. The Lonely Ones (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Two Human Beings. The Lonely Ones (1894)

慰め Consolation (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

慰め Consolation (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Consolation (1894)

サロメ Salome (1903) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サロメ Salome (1903) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Salome (1903)

夕暮れ (憂鬱 Ⅲ) Evening (Melancholy III) (1902) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

Evening (Melancholy III) (1902)

心 Das Herz (1899) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

心 Das Herz (1899) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Das Herz (1899)

絶望 Despair (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

絶望 Despair (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Despair (1894)

浜辺にいる二人の女 Two Women on the Shore II (1933 - 1935 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Two Women on the Shore II (1933 - 1935 )

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Scream (1895)