検索結果 48 件のうち 1 – 30 件

夜のカフェ Le café de nuit(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

アルルの「黄色い家」と同じラマルチーヌ広場にあった「カフェ・ド・ラ・ガール」を描いた作品。弟のテオに宛てた手紙の中でゴッホは「(最も対立した色合いの)赤と緑で、人間の恐ろしいまでの情念を描こうとしたんだ。」と語っており、さらに「自分の描いた作品で最も醜い」とも評しています。

ひまわり Sunflowers(1887) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1887年の夏の終わり、パリに滞在していた時に描かれたひまわりの静物画です。ゴッホといえば1888年と1889年に描かれた花瓶に生けられたひまわりの7つの作品が最も有名ですが、花だけを描いた静物画も計4作品描いています。

糸杉と星の見える道 Road with Cypress and Star(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランスのサン=レミ=ド=プロヴァンスにいた頃に描かれた最後の作品。作品を描き終えた後にゴーギャンに送った手紙では、ゴーギャン作「オリーブ山のキリスト」と同様に「苦悩と不屈」をテーマに描いたことを語っています。一見すると美しい情景ですが、欧米では糸杉は死の象徴とされており、彼自身が自分の死が近いことを感じとっていたのかもしれません。

オーヴェルの教会 The Church at Auvers(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランスのパリから北西に30キロほど離れたオーヴェル=シュル=オワーズの教会を描いた作品。プロヴァンスの療養院を出た後、ゴッホは亡くなるまでの最後の時間をこの地の農村で過ごしました。

ジャガイモを食べる人々 The Potato Eaters(1885) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホのオランダ時代の代表的な作品。ゴッホと言えばカラフルな色彩と補色を駆使した強いコントラスト、うねるような筆致が有名ですが、画家としてのキャリアの初期ではミレーに代表されるバルビゾン派に影響を受け、織工や農民を写実的に描いた作品を多く残しました。この作品は彼の最初の本格的な作品で本人は満足した仕上がりでしたが、周囲からの理解は得られませんでした。

丘を抜ける二本のポプラ Two Poplars in the Alpilles near Saint-Rémy(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミのサン=ポール療養院にいた頃に描かれた作品。療養院のあった場所からさらに南に広がるアルピーユ山脈を背景に、ポプラの木を描いた秋の作品です。入院して最初の頃は室内での制作に制限されていましたが、後に敷地の外に出ることを許可され、美しい南仏の景色を多く描きました。

サン=ラザール駅、ノルマンディーからの列車 Arrival of the Normandy Train, Gare Saint-Lazare (1877) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランス、パリのサン=ラザール駅を描いた作品。サン=ラザール駅はロンドンのクリスタル・パレスに代表されるガラスと鉄骨で織りなす建築の先駆けであり、そして工業化されていく社会の象徴でもありました。モネはこの年、サン=ラザール駅とその周辺をテーマに多くの作品を描き、そのうちの8点をその年に開かれた「第三回印象派展」に出展しています。

積みわら、雪の効果、曇り日 Stack of Wheat, Snow Effect, Overcast Day (1890 - 1891) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの最初の連作「積みわら」のうちの一枚。寒々とした冬のジヴェルニーが描かれています。モネは1889年から1890年にかけて、ジヴェルニーの自宅周辺にあった積みわらを描くことに注力しました。同じ対象物を異なった時間・季節に描くことで、移ろい変化する光・大気・天候の効果を表現しようと試みたのが「積みわら」の連作で、20~30点以上を描いています。

積みわら Haystacks (1890 - 1891) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

積みわら Haystacks (1890 - 1891) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの連作の一つ「積みわら」のうちの一枚。冬の荒涼としたジュヴェルニーの情景と積みわらが描かれています。モネは1890年から、ジヴェルニーの自宅周辺にあった積みわらを描き始めました。同じ対象物を異なった時間・季節に描くことで、移ろい変化する光・大気・天候の効果を表現しようと試みたのが「積みわら」の連作で、商業的にも大きな成功を収めています。

チャリング・クロス橋 Charing Cross Bridge (1903) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

テムズ川にかかるチャリング・クロス橋と駆け抜ける列車を中心として、水面に反射する光と辺りを覆う霧の効果を描いた作品。1899年から1901年の間にロンドンに三度滞在し、そこで取材したチャリング・クロス橋、ウォータールー橋、国会議事堂をテーマとした作品を実に100近く描きました。彼はロンドンについてこう書き綴っています。「私はロンドンの、そのすばらしい霧が大好きなのです。」

パラッツォ・ダ・ムーラ、ヴェニス Palazzo da Mula, Venice (1908) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

水の都、イタリア・ベネチアの運河に面する特徴的な建物を描いた作品。70歳が近づきつつあったモネは、1908年の10月から12月にかけて妻のアリスと共にイタリアのヴェネツィアへ最後の大旅行を敢行し、「ヴェネツィアの眺め」と題した29枚の作品を残しました。

うつむく女 Portrait of an unknown woman (1913) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Portrait of an unknown woman (1913)

髭に手をやる自画像 Self-portrait with hand on mustache (1917) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Self–portrait with hand on mustache (1917)

髭のある眼鏡をかけた自画像 Self–portrait with glasses and goatee (1930) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Self–portrait with glasses and goatee (1930)

憂鬱 Ⅲ Melancholy III (1902) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

憂鬱 Ⅲ Melancholy III (1902) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

Melancholy III (1902)

Omega’s Eyes (1908 - 1909 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

Omega’s Eyes (1908 - 1909 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

Omega’s Eyes (1908 - 1909 )

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

叫び The Scream (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Scream (1895)

浜辺にいる若い少女 Young Woman on the Beach (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Young Woman on the Beach (1896)

病める子 Ⅰ The Sick Child I (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Sick Child I (1896)

マドンナ Madonna (1895 - 1896 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

マドンナ Madonna (1895 - 1896 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Madonna (1895 - 1896 )

魅惑 Attraction I (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

魅惑 Attraction I (1896) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Attraction I (1896)

ブローチ エヴァ・ムドッチ The Brooch. Eva Mudocci (1903) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Brooch. Eva Mudocci (1903)

吸血鬼 Ⅱ The Vampire II (1895 - 1902 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Vampire II (1895 - 1902 )

自画像 Self-Portrait (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

自画像 Self-Portrait (1895) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Self-Portrait (1895)

二人、孤独な人たち Two Human Beings. The Lonely Ones (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Two Human Beings. The Lonely Ones (1894)

慰め Consolation (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

慰め Consolation (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Consolation (1894)

The Bite (1914) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Bite (1914) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Bite (1914)

夕暮れ (憂鬱 Ⅲ) Evening (Melancholy III) (1902) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

Evening (Melancholy III) (1902)

絶望 Despair (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

絶望 Despair (1894) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Despair (1894)

浜辺にいる二人の女 Two Women on the Shore II (1933 - 1935 ) - エドヴァルド・ムンク

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Two Women on the Shore II (1933 - 1935 )