検索結果 80 件のうち 1 – 30 件

アイリス Irises(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

アイリス Irises(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホが耳切り事件を起こした後に入院した、サン=レミの精神療養院にて描かれた作品。療養院で最初に描かれたのがこの「アイリス」でした。彼はこの作品の他にも、あやめを題材にした絵を複数残しています。

星月夜 The Starry Night(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

世界で最も有名な絵画のうちの一つ。療養院であったサン・ポール・ド・モーゾール修道院にて描かれました。ゴッホは作品のインスピレーションについて、画商の弟テオに宛てた手紙の中で「療養院の窓から街の風景を眺めていたある夜明け前、星たちがいつもよりとても大きく見えたんだ」と語っています。

糸杉のある麦畑 Wheat Field with Cypresses(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホがサン=レミの療養院にいた頃に、南仏プロヴァンスの田園風景を描いた連作のうちの一つ。彼は糸杉のある麦畑の風景を心底気に入っていたようで、弟のテオに「僕は糸杉のことで頭がいっぱいだ。ヒマワリの絵のように、様々描いてみたいと思っている。驚くべきことに、まだ誰も僕が見ているように描いている人がいないんだ。」と綴っています。

夜のカフェ Le café de nuit(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

アルルの「黄色い家」と同じラマルチーヌ広場にあった「カフェ・ド・ラ・ガール」を描いた作品。弟のテオに宛てた手紙の中でゴッホは「(最も対立した色合いの)赤と緑で、人間の恐ろしいまでの情念を描こうとしたんだ。」と語っており、さらに「自分の描いた作品で最も醜い」とも評しています。

糸杉 Cypresses(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

糸杉 Cypresses(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院にいた頃に描かれた「糸杉」の連作の内の一つ。ゴッホは糸杉について「線とプロポーションに関して言えば、まるでエジプトのオベリスクのように美しい」と評しており、とても気に入っていました。

ひまわり Sunflowers(1887) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1887年の夏の終わり、パリに滞在していた時に描かれたひまわりの静物画です。ゴッホといえば1888年と1889年に描かれた花瓶に生けられたひまわりの7つの作品が最も有名ですが、花だけを描いた静物画も計4作品描いています。

ローヌ川の星月夜 Starry Night Over the Rhone(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホが南フランスのアルルで借りていた通称「黄色い家」からほど近い、ローヌ川の夜の星空を描いた作品。晩年に描かれた作品では珍しく穏やかな印象があり、精神病院に入院した後に描かれた「星月夜」よりも落ち着いた、美しい夜の景色が描かれています。

アイリス Irises(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

アイリス Irises(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院を退院する直前の1890年5月に描かれた作品。同じ時期に、同じ構図で異なった配色の静物画を4つ(2つはアイリスを、2つはバラを)描いています。

薔薇 Roses(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

薔薇 Roses(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院を退院する直前の1890年5月に描かれた作品。ゴッホの描いた静物画の中では最も大きいサイズ(71×90cm)の作品でした。現在は薔薇の色が白っぽく褪色していますが、もともとはピンク色で、壁紙と補色の関係にあったことが分かっています。同じ時期に、同じ構図で異なった配色の静物画を4つ(2つはアイリスを、2つはバラを)描いています。

黄色い空と輝く太陽のオリーブ林 Olive Trees(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院にいた頃に描かれた作品。秋のオリーブ園の風景を描いています。ゴッホは1889年の6月から12月の半年間で、実に15のオリーブの木を題材にした作品を残しています。オリーブ畑は糸杉やアーモンドの木、ひまわりなどと同様に、ゴッホのお気に入りの題材のうちの一つでした。

糸杉と星の見える道 Road with Cypress and Star(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランスのサン=レミ=ド=プロヴァンスにいた頃に描かれた最後の作品。作品を描き終えた後にゴーギャンに送った手紙では、ゴーギャン作「オリーブ山のキリスト」と同様に「苦悩と不屈」をテーマに描いたことを語っています。一見すると美しい情景ですが、欧米では糸杉は死の象徴とされており、彼自身が自分の死が近いことを感じとっていたのかもしれません。

12本のひまわり Vase with Twelve Sunflowers(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは3つ目の作品。2つ目は日本の実業家が保有していましたが、第二次世界大戦時の空襲で消失してしまいました。「黄色い家」の作業部屋を明るく飾り立てるために6つの異なったひまわりの作品を描く構想でしたが、結局4つしか描くことができず、後の3つはオリジナルの模写です。

ひまわり Sunflowers(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは4つ目の作品。共同生活をしていた画家のゴーギャンはこの作品をゴッホの最高傑作と評し、この作品を描くゴッホの肖像画を残しています。

オリーブの木々、背景にアルピーユ山脈 Olive Trees with the Alpilles(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホが居たサン=レミ=ド=プロヴァンスから南に位置するアルピーユ山脈を背景にオリーブ畑を描いた作品。大きくうねる筆致が、夏の南仏らしい乾燥した厳しい暑さを彷彿とさせる作品です。

丘を抜ける二本のポプラ Two Poplars in the Alpilles near Saint-Rémy(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミのサン=ポール療養院にいた頃に描かれた作品。療養院のあった場所からさらに南に広がるアルピーユ山脈を背景に、ポプラの木を描いた秋の作品です。入院して最初の頃は室内での制作に制限されていましたが、後に敷地の外に出ることを許可され、美しい南仏の景色を多く描きました。

ひまわりのある庭 Allotment with Sunflower(1887) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

ゴッホがパリに居た1887年に描かれた作品。オランダ時代の暗く写実的な画風から打って変わって、この頃から印象派や新印象派に倣って明るい色彩で描くようになりました。またひまわりを題材とし始めたのもこの頃で、パリではひまわりの静物画をいくつか描き、後に南仏アルルの黄色い家で描く7枚のひまわりに繋がっていきます。

緑の麦畑 Green Wheat Fields, Auvers(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホ終焉の地、パリの北西にあるオーヴェル=シュル=オワーズにて描かれた作品。初夏の青々とした小麦畑が描かれています。空と新緑、小道以外に何の芸術的モチーフも存在しない、純真な自然のみを描いた美しい作品です。

印象・日の出 Impression, Sunrise (1872) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

印象・日の出 Impression, Sunrise (1872) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

「印象派」の名前の由来となった有名な作品。モネの生まれ故郷であるフランス北西部の都市、ル・アーヴルの港の風景が描かれています。画家の登竜門であった政府主催の美術展覧会「サロン」の保守的な審査姿勢に不満を募らせた若手の気鋭画家たちが立ち上げたグループ展(印象派展)の第一回に出展された作品で、この印象派の出現により西欧絵画の歴史が大きく転換したと言っても過言ではありません。

散歩、日傘をさす女 Woman with a Parasol, Madame Monet and Her Son (1875) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネ一家がフランス、パリにほど近いアルジャントゥイユに住んでいた頃の1875年に描かれた作品。逆光で生み出される光の陰影の効果が、独特の臨場感を演出しています。この頃モネは妻のカミーユと、息子ジャンをモデルにして、風景の中の人物を描くことに専念していました。着物を着た妻、カミーユを描いた「ラ・ジャポネーズ」と共に1876年の第二回印象派展に出展されました。

サン=ラザール駅、ノルマンディーからの列車 Arrival of the Normandy Train, Gare Saint-Lazare (1877) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランス、パリのサン=ラザール駅を描いた作品。サン=ラザール駅はロンドンのクリスタル・パレスに代表されるガラスと鉄骨で織りなす建築の先駆けであり、そして工業化されていく社会の象徴でもありました。モネはこの年、サン=ラザール駅とその周辺をテーマに多くの作品を描き、そのうちの8点をその年に開かれた「第三回印象派展」に出展しています。

エルサレム・アーティチョークの花 Jerusalem Artichoke Flowers (1880) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

戸外での制作が多かったモネが描いた、数少ない室内の花の絵のうちの一枚。1879年の夏の終わりに妻カミーユを失ったモネは、その秋戸外では仕事をせず、花や果物を描いて過ごしました。エルサレム・アーティチョークは日本語で菊芋のこと。小さくてかわいらしい黄色い花を咲かせます。

ひまわり Bouquet of Sunflowers (1881) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

ひまわり Bouquet of Sunflowers (1881) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

第7回印象派展に出展された作品。日本の陶磁器に生けられたひまわりが、モネらしい大胆で活気のある筆致で描かれています。ひまわりと言えば1888年に描かれたゴッホの作品が有名ですが、彼が弟のテオに宛てた手紙の中でこのモネの作品について、以下のように触れた文章が残っています。「ゴーギャンは彼が以前観たクロード・モネの素晴らしいひまわりの作品より僕の描いた作品の方がいいって言ったんだけど、僕はそうは思わないよ。」

ボルディゲーラ Bordighera (1884) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ボルディゲーラ Bordighera (1884) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1884年にモネはルノワールと共に制作旅行に出かけ、生まれて初めて地中海沿岸の地を踏むことになります。この作品はイタリア北部の町、ボルディゲーラの木々と風景を描いた作品。この地についてモネは「今度の旅で僕たちが見た最も美しい場所の一つだ。」と評しています。

モナコ近くの崖道 La Corniche near Monaco (1884) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

地中海の海岸沿いの小道と、その先に広がる山々を描いた作品。1893年の12月からモネは、ルノワールと共に人生初の地中海沿岸へと制作旅行に出かけ、乾燥した暑い気候を感じさせる美しい作品を数多く描きました。この辺りは現在ではニースとモナコを結ぶ主要な道路になっています。

グルファー港の岩海岸、ベリール島 Rocks at Port-Goulphar, Belle-Île (1886) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランス北西部、ブルターニュ地方の南に位置するベリール島の岩石海岸を描いた作品。1886年の秋、モネはこの島の近くの漁師の家に居を定めて、大西洋を眺めるこの奇岩をモチーフに、実に40点もの作品を描きました。ベリール島について妻に宛てた手紙の中で「ここの海は全く美しい。奇怪な形の岩と洞穴の寄せ集めです。」と綴っています。

小クルーズ川の急流、フレスリーヌ Rapids on the Petite Creuse at Fresselines (1889) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランス中部の村、フレスリーヌを流れるクルーズ川の流れを描いた作品。1889年の春、モネは小クルーズ川と大クルーズ川の合流点付近で20点ほどの作品を描きました。この時に描かれた内の9点の作品はほとんど同じ構図で時間だけを変えて描かれており、後に定番化する「連作」技法の先駆けとなりました。

小クルーズ川 The Petite Creuse River (1889) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1889年の3月から、モネはフランス中部の村・クルーズに滞在し、渓谷をモチーフに数多くの作品を描きました。20点ほど描かれたうちの9点については、9点で一つの作品群を構成しており、「連作」の手法で描かれた最初期の作品であると言えます。

ヴァーノンのネトルズ島 Île aux Orties near Vernon (1897) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの自宅があったジヴェルニーからほど近い、エプト川とセーヌ川が合流する地点の茂みを描いた作品。モネは1896年ごろから夏には太陽が昇る前に自宅を出て、セーヌ川支流の朝霧の効果を描くことを日課としていました。この時に描かれた連作「セーヌ河の朝」は1898年の個展に出品され、成功を収めています。

ウォータールー橋、ロンドン、夕暮れ Waterloo Bridge, London, at Sunset (1901) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1899年から1901年にかけて、モネはロンドンに3度の取材旅行へ出かけ、テムズ川の霧の効果を描くことに取り組みました。こちらは夕暮れ時のウォータール橋を描いた作品。1904年には「テムズ川の眺めの連作」と題しデュラン・リュエル画廊に37点の作品が展示されました。

チャリングクロス橋、ロンドン Charing Cross Bridge, London (1901) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

イギリス、ロンドンのテムズ川にかかるチャリング・クロス橋と、霧の効果を描いた作品。1899年から三度に渡るロンドンへの取材旅行で、約100点ものテムズ川の風景を描きました。陽光と霧の織り成す幻想的な光の効果が見事に表現されています。