検索結果 110 件のうち 1 – 30 件

アイリス Irises(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

アイリス Irises(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホが耳切り事件を起こした後に入院した、サン=レミの精神療養院にて描かれた作品。療養院で最初に描かれたのがこの「アイリス」でした。彼はこの作品の他にも、あやめを題材にした絵を複数残しています。

ファンゴッホの寝室 The Bedroom(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

南フランスのアルルで暮らした通称「黄色い家」の寝室を描いた作品です。青い壁と黄色のベッドの激しいコントラストは経年の褪色によってできた色合いで、元々壁は紫に近い色、全体としてはより落ち着いた印象であったことが研究によって明らかになっています。また変わった遠近感のある絵ですが、実際にこのような台形の部屋で、決してゴッホが失敗した訳ではないことも分かっています。

糸杉 Cypresses(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

糸杉 Cypresses(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院にいた頃に描かれた「糸杉」の連作の内の一つ。ゴッホは糸杉について「線とプロポーションに関して言えば、まるでエジプトのオベリスクのように美しい」と評しており、とても気に入っていました。

アイリス Irises(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

アイリス Irises(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院を退院する直前の1890年5月に描かれた作品。同じ時期に、同じ構図で異なった配色の静物画を4つ(2つはアイリスを、2つはバラを)描いています。

薔薇 Roses(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

薔薇 Roses(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

サン=レミの療養院を退院する直前の1890年5月に描かれた作品。ゴッホの描いた静物画の中では最も大きいサイズ(71×90cm)の作品でした。現在は薔薇の色が白っぽく褪色していますが、もともとはピンク色で、壁紙と補色の関係にあったことが分かっています。同じ時期に、同じ構図で異なった配色の静物画を4つ(2つはアイリスを、2つはバラを)描いています。

3本のひまわり Vase with Three Sunflowers(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは最初に描かれた記念すべき一作目。「黄色い家」の作業部屋を明るく飾り立てるために6つの異なったひまわりの作品を描く構想でしたが、結局4つしか描くことができず、後の3つはオリジナルの模写です。

12本のひまわり Vase with Twelve Sunflowers(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは3つ目の作品。2つ目は日本の実業家が保有していましたが、第二次世界大戦時の空襲で消失してしまいました。「黄色い家」の作業部屋を明るく飾り立てるために6つの異なったひまわりの作品を描く構想でしたが、結局4つしか描くことができず、後の3つはオリジナルの模写です。

ひまわり Sunflowers(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは4つ目の作品。共同生活をしていた画家のゴーギャンはこの作品をゴッホの最高傑作と評し、この作品を描くゴッホの肖像画を残しています。

12本のひまわり Vase with Twelve Sunflowers(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは3つ目に描いた作品の模写。耳切り事件を起こして入院した後、黄色い家に戻ってから描かれました。

プロヴァンスの農家 Farmhouse in Provence(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

南フランスのアルルへ移り住んだ1888年に描かれた作品。温暖で乾燥した南仏プロヴァンスの景色を見事に表現した作品です。パリでの生活に疲弊したゴッホは、フランスで憧れの日本に最も似ている(と考えていた)南仏アルルに移り住みました。たったの444日で約200を超える絵画と100を超える素描画を残しました。今日、ゴッホの絵として有名な作品は主にこの頃に描かれた作品です。

オレンジ、レモン、青い手袋のある静物 Still Life of Oranges and Lemons with Blue Glove(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

この静物画は、ゴッホが南仏アルルの「黄色い家」で起こした耳切り事件の後に収容された、アルル市立病院を退院後すぐに描かれた作品。代表作のひまわりなどと同様に、コントラストを強調させた強烈な色使いが特徴的な静物画です。

オリーブの木 Olive Trees(1889) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1889年5月に5つのオリーブ果樹園を題材に描かれた作品群のうちの一つ。1888年に開かれた最後の印象派展で脚光を浴びたジョルジュ・スーラとポール・シニャックを彷彿とさせる点描法を駆使した空の描き方が非常に特徴的な作品に仕上がっています。

緑の麦畑 Green Wheat Fields, Auvers(1890) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホ終焉の地、パリの北西にあるオーヴェル=シュル=オワーズにて描かれた作品。初夏の青々とした小麦畑が描かれています。空と新緑、小道以外に何の芸術的モチーフも存在しない、純真な自然のみを描いた美しい作品です。

ラ・グルヌイエール La Grenouillère (1869) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

パリ近くブージヴァル近郊セーヌ川の河畔にある新興リゾート地であった水浴場「ラ・グルヌイエール」を描いた作品。1869年の夏、モネはルノワールと共にこの水浴場の前でカンヴァスを並べて共に描きました。揺らめく水面が、独特の筆致で見事に表現されています。

アルジャントゥイユの画家の家 The Artist's House at Argenteuil (1873) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

アルジェントゥイユのモネの家と、その家族の日常の一幕を描いた作品。妻のカミーユと息子のジャンを含むモネ一家は1871年から1878年の間、パリ郊外のアルジャントゥイユで暮らしました。この家には、友人であり画家のマネやルノワールも頻繁に訪れ、共に制作を行なったり休息の時を過ごしたりしました。

散歩、日傘をさす女 Woman with a Parasol, Madame Monet and Her Son (1875) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネ一家がフランス、パリにほど近いアルジャントゥイユに住んでいた頃の1875年に描かれた作品。逆光で生み出される光の陰影の効果が、独特の臨場感を演出しています。この頃モネは妻のカミーユと、息子ジャンをモデルにして、風景の中の人物を描くことに専念していました。着物を着た妻、カミーユを描いた「ラ・ジャポネーズ」と共に1876年の第二回印象派展に出展されました。

ヴェトゥイユの眺め View of Vétheuil (1880) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランス北部の村、ヴェトゥイユの夏の情景を描いた作品。ポピーの花が一面に広がるセーヌ川の中洲から、教会の塔を見下ろす構図で描かれています。1880年の夏、モネはこの作品を含むヴェトゥイユの異なる風景を数多く描いています。

エルサレム・アーティチョークの花 Jerusalem Artichoke Flowers (1880) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

戸外での制作が多かったモネが描いた、数少ない室内の花の絵のうちの一枚。1879年の夏の終わりに妻カミーユを失ったモネは、その秋戸外では仕事をせず、花や果物を描いて過ごしました。エルサレム・アーティチョークは日本語で菊芋のこと。小さくてかわいらしい黄色い花を咲かせます。

ひまわり Bouquet of Sunflowers (1881) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

ひまわり Bouquet of Sunflowers (1881) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

第7回印象派展に出展された作品。日本の陶磁器に生けられたひまわりが、モネらしい大胆で活気のある筆致で描かれています。ひまわりと言えば1888年に描かれたゴッホの作品が有名ですが、彼が弟のテオに宛てた手紙の中でこのモネの作品について、以下のように触れた文章が残っています。「ゴーギャンは彼が以前観たクロード・モネの素晴らしいひまわりの作品より僕の描いた作品の方がいいって言ったんだけど、僕はそうは思わないよ。」

ヴェトゥイユの画家の庭 The Artist's Garden at Vétheuil (1881) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

パリの北西に位置するセーヌ川右岸の村、ヴェトゥイユでモネが借りていた家の庭を描いた作品。二人の息子を残して妻カミーユはこの世を去り、失意の底にあったモネでしたが、後に二人目の妻となるアリス・オシュデの献身的な支えもあって、立ち直りつつあった時期の作品です。細かいタッチによって、陽光とひまわりの咲き誇る煌びやかな雰囲気を見事に表現しています。

アンティーブの庭師の家 Gardener's House at Antibes (1888) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランス南部の地中海、コート・ダジュールに面した都市であるアンティーブで描かれた作品。モネは1888年の4月から5月にかけて、芸術家の溜まり場となっていた宿場に滞在し、ここで30点ほどの作品を描きました。6月にはこの地で描いた10点の作品を、画商であったゴッホの弟テオに売り、それらの作品が展示された「アンティーブの海の風景」展はフランスで評判だったそうです。

春のジヴェルニー Spring in Giverny (1890) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1883年、モネはフランスの北にある小さな村ジヴェルニーに移り、1926年に亡くなるまでの実に40年以上をそこで暮らし制作を行いました。こちらは借地だったジヴェルニーの土地を購入し、家の周りで制作することに集中していた頃に描かれた作品。ジヴェルニーの春の光景がモネらしい快活な色彩で表現されています。

未知の男の肖像 Portret van een onbekende man (1927) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Portret van een onbekende man, Samuel Jessurun de Mesquita (1927)

オランウータン Orangutan (1914) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

オランウータン Orangutan (1914)

四羽のオウム Four crowned cockatoos (1912) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Four crowned cockatoos (1912)

Ornament of scales - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Ornament of scales - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Ornament of scales

オウム Galah Cockatoos (1917) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

オウム Galah Cockatoos (1917) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Galah Cockatoos (1917)

ウォーターバック Waterbuck (1921) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ウォーターバック Waterbuck (1921)

Haart (1912) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Haart (1912) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Haart (1912)

シロエンビコウ White Maguari Stork (1914) - サミュエル・メスキータ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

White Maguar Stork (1914)