検索結果 27 件のうち 1 – 27 件

12本のひまわり Vase with Twelve Sunflowers(1888) - フィンセント・ファン・ゴッホ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ゴッホの代名詞とも言える「ひまわり」の静物画。南仏アルルの、通称「黄色い家」に居た頃の1888年に描き始め、7作品の存在が確認されていますが、こちらは3つ目の作品。2つ目は日本の実業家が保有していましたが、第二次世界大戦時の空襲で消失してしまいました。「黄色い家」の作業部屋を明るく飾り立てるために6つの異なったひまわりの作品を描く構想でしたが、結局4つしか描くことができず、後の3つはオリジナルの模写です。

菊の花 Chrysanthemums (1882) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

菊の花 Chrysanthemums (1882) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥11,000 ¥4,180 ~ ¥11,000

花瓶に生けられた菊の花を描いた作品。戸外での制作が多かったモネの、数少ない室内の静物画の作品のうちの一つです。モネは1878年から1883年にかけて約20点の花の静物画を描きました。ひまわりの作品と共に、1883年には画商デュラン・リュエルのギャラリーに、1886年には「20人展」に展示されました。

アンティーブの庭師の家 Gardener's House at Antibes (1888) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

フランス南部の地中海、コート・ダジュールに面した都市であるアンティーブで描かれた作品。モネは1888年の4月から5月にかけて、芸術家の溜まり場となっていた宿場に滞在し、ここで30点ほどの作品を描きました。6月にはこの地で描いた10点の作品を、画商であったゴッホの弟テオに売り、それらの作品が展示された「アンティーブの海の風景」展はフランスで評判だったそうです。

朝もや Morning Haze (1888) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

朝もや Morning Haze (1888) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの自宅のあるジヴェルニーからほど近い、ひなげし畑の朝の風景を描いたと思われる作品。1890年には同じひなげしの野をモチーフにした作品を「連作」の手法で描いています。朝靄の幻想的な効果を見事に表現した作品です。

小クルーズ川 The Petite Creuse River (1889) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1889年の3月から、モネはフランス中部の村・クルーズに滞在し、渓谷をモチーフに数多くの作品を描きました。20点ほど描かれたうちの9点については、9点で一つの作品群を構成しており、「連作」の手法で描かれた最初期の作品であると言えます。

春のジヴェルニー Spring in Giverny (1890) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1883年、モネはフランスの北にある小さな村ジヴェルニーに移り、1926年に亡くなるまでの実に40年以上をそこで暮らし制作を行いました。こちらは借地だったジヴェルニーの土地を購入し、家の周りで制作することに集中していた頃に描かれた作品。ジヴェルニーの春の光景がモネらしい快活な色彩で表現されています。

積みわら、雪の効果、曇り日 Stack of Wheat, Snow Effect, Overcast Day (1890 - 1891) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの最初の連作「積みわら」のうちの一枚。寒々とした冬のジヴェルニーが描かれています。モネは1889年から1890年にかけて、ジヴェルニーの自宅周辺にあった積みわらを描くことに注力しました。同じ対象物を異なった時間・季節に描くことで、移ろい変化する光・大気・天候の効果を表現しようと試みたのが「積みわら」の連作で、20~30点以上を描いています。

積みわら Haystacks (1890 - 1891) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

積みわら Haystacks (1890 - 1891) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの連作の一つ「積みわら」のうちの一枚。冬の荒涼としたジュヴェルニーの情景と積みわらが描かれています。モネは1890年から、ジヴェルニーの自宅周辺にあった積みわらを描き始めました。同じ対象物を異なった時間・季節に描くことで、移ろい変化する光・大気・天候の効果を表現しようと試みたのが「積みわら」の連作で、商業的にも大きな成功を収めています。

ヴァーノンのネトルズ島 Île aux Orties near Vernon (1897) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

モネの自宅があったジヴェルニーからほど近い、エプト川とセーヌ川が合流する地点の茂みを描いた作品。モネは1896年ごろから夏には太陽が昇る前に自宅を出て、セーヌ川支流の朝霧の効果を描くことを日課としていました。この時に描かれた連作「セーヌ河の朝」は1898年の個展に出品され、成功を収めています。

ウォータールー橋、ロンドン、夕暮れ Waterloo Bridge, London, at Sunset (1901) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

1899年から1901年にかけて、モネはロンドンに3度の取材旅行へ出かけ、テムズ川の霧の効果を描くことに取り組みました。こちらは夕暮れ時のウォータール橋を描いた作品。1904年には「テムズ川の眺めの連作」と題しデュラン・リュエル画廊に37点の作品が展示されました。

チャリングクロス橋、ロンドン Charing Cross Bridge, London (1901) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

イギリス、ロンドンのテムズ川にかかるチャリング・クロス橋と、霧の効果を描いた作品。1899年から三度に渡るロンドンへの取材旅行で、約100点ものテムズ川の風景を描きました。陽光と霧の織り成す幻想的な光の効果が見事に表現されています。

チャリング・クロス橋 Charing Cross Bridge (1903) - クロード・モネ

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

テムズ川にかかるチャリング・クロス橋と駆け抜ける列車を中心として、水面に反射する光と辺りを覆う霧の効果を描いた作品。1899年から1901年の間にロンドンに三度滞在し、そこで取材したチャリング・クロス橋、ウォータールー橋、国会議事堂をテーマとした作品を実に100近く描きました。彼はロンドンについてこう書き綴っています。「私はロンドンの、そのすばらしい霧が大好きなのです。」

水流 Bewegte Wasser (1898) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

水流 Bewegte Wasser (1898) - グスタフ・クリムト

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Bewegte Wasser (1898)

Rain Landscape (1911) - ワシリー・カンディンスキー

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Rain Landscape (1911) - ワシリー・カンディンスキー

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Rain Landscape

花咲くリンゴの木 The Flowering Apple Tree (1912) - ピート・モンドリアン

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

The Flowering Apple Tree (1912)

色面の楕円コンポジション 2 Composition with Oval in Color Planes II (1914) - ピート・モンドリアン

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Composition with Oval in Color Planes II (1914)

色面の楕円コンポジション 1 Composition in Oval with Color Planes 1 (1914) - ピート・モンドリアン

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Composition in Oval with Color Planes 1 (1914)

砂丘 Ⅲ Dune III (1909) - ピート・モンドリアン

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

砂丘 Ⅲ Dune III (1909) - ピート・モンドリアン

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Dune III (1909)

ジンジャーポットのある静物Ⅱ Still Life with Gingerpot II (1912) - ピート・モンドリアン

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Still Life with Gingerpot II (1912)

コンポジション No Ⅳ Composition No IV (1914) - ピート・モンドリアン

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Composition No IV (1914)

ポン・デ・ザール Le Pont des Arts - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ポン・デ・ザール Le Pont des Arts - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Le Pont des Arts

Antibes (1918) - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Antibes (1918) - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Antibes (1918)

Evening, The Jetty at Vlissingen (1898) - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Evening, The Jetty at Vlissingen (1898) - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Evening, The Jetty at Vlissingen (1898)

ポン・デ・ザール Le Pont des Arts - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

ポン・デ・ザール Le Pont des Arts - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Le Pont des Arts

コンカルノー Concarneau (1925) - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

コンカルノー Concarneau (1925) - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Concarneau (1925)

In Holland - The Buoy (1896) - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

In Holland - The Buoy (1896) - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

In Holland - The Buoy (1896)

マルセイユのノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院 Notre Dame de la Garde (La Bonne - Mère), Marseilles (1905 - 1906) - ポール・シニャック

¥4,180 ~ ¥14,300 ¥4,180 ~ ¥14,300

Notre Dame de la Garde (La Bonne - Mère), Marseilles (1905 - 1906)